品質管理と環境

持続可能な品質と環境対策を目指して。
安定した高い品質と、地球環境への配慮の両立が私たちの重要なミッションです。

社会に責任ある企業として、
環境への配慮を充実

量産することが成長であった時代が終わり、
今は地球環境に対して十分な配慮を実践することが重要な時代。
メッキ加工に常に伴う廃液処理などの課題に向き合い、
スピーディーに解決することが優良企業の証といえます。
HAMAOKAの処理設備は業界トップレベル。
創業当初から製造時に出る廃棄物や廃液を
安全かつ確実に処理するための設備投資、
さらに自然災害など不測の事態にも備え、
設備の電子制御や防災対策を断続的に行っています。

材料比率を抑えてムダのない生産を実現

メッキ業界にとって避けては通れない課題が地球環境への配慮です。
製造過程で産まれる廃棄物や廃液の処理、そしてそれらを減らす努力が求められています。
私たちは業界基準を大幅にクリアできる処理工程を確立すると同時に
長年にわたる入念な検証データを基に、材料比率を抑えたムダのない生産を実現。
社員ひとりひとりが環境への責任を自覚しながら一歩先をゆく環境対策に取り組んでいます。

ISOはもちろん、独自基準を構築

私たちの生む製品や生産活動が安全であり、
お客様のコンプライアンスに準拠するよう、
HAMAOKAは電気亜鉛メッキ業界で
最初に品質保証の国際規格<IS09001>を取得しました。
また続けて<IS014001>も取得しております。
さらに世界のあらゆる国における最新の安全基準を視野に入れて、
使用する薬品や化学物質の環境性・安全性向上に努めています。
その先見性・行動力は多数の大手メーカー様にも高く評価され、
認定企業に登録されています。

HAMAOKAの品質方針・環境方針を見る

製品の要となるメッキ技術。

私たちの加工技術は、
ネジやボルトなどの緻密な金属部品に電流や
化学薬品を使っておこなう防錆メッキです。
それは美しく仕上げるだけでなく、
サビや腐食による劣化を防ぎ、
部品が使われている製品そのものの寿命を守るために
欠かせない重要な技術です。
それら加工製品の多くは目に触れることのない部分に使われています。
組み立ててしまうと交換などメンテナンスがしづらいところに
使用されていることも少なくありません。
つまり私たちのメッキ加工品は、
完成品の性能や寿命に関わる大切なパーツとして、
重要な役割を担っています。
その責任の大きさを自覚しつつ、
生産技術の向上に努めています。

スマホサイト版を見る